過去と未来と現在と

こんばんは。

(略)まのです。

小屋入り2日目を終えてヘトヘトでございます。

日付も変わって今日からついに本番!

懸案事項が多すぎて頭パンクしそう☆

さて、さっそく小屋入り2日目の様子を写真付きでご紹介…しようと思ったら。


<<<ネタバレだらけ>>>


そうです。今日おこなった内容は絵作りときっかけ合わせ、そしてゲネ。

今日撮った写真を見返すとキャストさんはメイク衣装ばっちり、照明もきらっきらしております。

そのため写真を使って内容に触れられないのです(涙目)

これは仕方あるまいです。今日から始まる公演を純粋に楽しんでいただくためにも、伏せることは伏せねばなりません。

そこで、小屋入り2日目の内容を振り返りつつ公演とは全く関係ない写真を貼ってやり過ごしてしまいますね♪♪



午前。キャストさんがメイク着替えを済ませたら、絵作りの始まり始まり~!

絵作りとは、キャストさんが衣装を着た状態で照明を当てて、見栄えの調整をすること。

照明の当たり具合がテキトーになってしまうと、大事な場面でキャストさんの表情が照明の光でとんでしまったり、逆にかげってしまったりと台無しになってしまうので欠かすことのできない作業です。

今朝、照明オペのちひろちゃんからLINEが入っていて何かと思ったら「本日のTwitter、主演の誕生日ということでいかがでしょう」という文面とともにこの画像が添付されておりました。

みひろお誕生日おめでとう。FOREVER21。

ちひろちゃんTwitterではなく稽古場日記に使わせてもらうね。

絵作り後、昼休憩30分(ちょっとカツカツですね)ののちにきっかけ合わせが始まりました。

これはその名の通りキャストの演技と照明・音響とのきっかけを合わせる作業。

微妙なズレすら許さないと言わんばかりに演出の目が光ります。

時には同じ場面を何度も何度も繰り返すことも。

キャストさんも真剣に取り組みました。

きっかけ合わせは神経をとがらせる時間。

そのストレスに耐えかねたのか、出番を待つキャストのひかるんが照明のお姉さんことひとみんをはぐらかし、イチャイチャし始めました。

鳥かごの中に同性同士の鳥をたくさん住まわせると、自然と同性同士のカップルができるという話は聞いたことがありますが、人間も同じなんですね…

二人ともお幸せに。

挙式の際には招待してください。

ごちそうだけ食べて帰りますね。

さあ、長丁場となったきっかけ合わせが終わり、ついにゲネが始まりました!

ゲネとは本番直前のリハーサルのようなもの。

つまり、本番そのものを想定した最後の通し練習なのです!

前説からガッチガチの演出・奥谷氏…

おっと。説明しておりませんでしたが、前説をおこなうのはこの公演の脚本・演出を手掛けた奥谷大先生なのです!

この稽古場日記を読んでいる方は、前説を見て「ああ、こいつがこの話書いたやつか、監禁が好きなんだな」とでも思いながら生暖かい目で見守ってあげてくださいね。

キャストのみなさんの演技にも熱が入ります。

しかーし熱が入りすぎたあまり「ん?」と思うような場面もちらほら。

ゲネ終了後そういった部分についてキャストさんオペさん、きちんと反省しておりました。

気付いたのが今で良かったですね。。

ゲネは本番で気を付けるべきことの洗い出しや最終確認にもなるのです。



それとゲネにはたかぴー先輩とOGであるゆりこ先輩が見に来てくださいました!

生八つ橋とクロワッサンたい焼きの差し入れもおいしくいただきました。

「まのなんてこないだ1年生だったのにもう3年なのか…」と帰りがけに言われた時、切なくなってしまいました。

わたしだって、ついこないだハイセコの2013年度春期公演「危機は回避の方向で」をナビロフトで見て大学生の作る演劇の本格ぶりに感動して入部を決めた新入生だったんです。

その舞台にはたかぴー先輩もゆりこ先輩もいて。

堂々として、カッコよくて、素敵で。

こんな風になりたい!そう思って勢いのままに入部を決めて。

それが今やハイセコに新入生を迎え入れようとあれこれ策を練っている側に立っていて、しかももう3年生。

当時舞台に立っていた先輩はもう卒業間近、もしくは卒業してしまった。

時が経つのは本当に早いものです。


けれど、しがみつくしかないのですね。


さて、あと半日もすれば幕は上がります。

どんな舞台がわたしたちを待っているのでしょう?

いや、舞台がわたしたちを待っているわけではなく、わたしたちが舞台のもとまで行くのでしょうね。



南山大学演劇部「HI-SECO」企画 2015年度春期公演

『金曜2限は監禁実習』


まもなく開演いたします。